需要が高まるアクリル板の魅力|利用率も年々上昇中

曲がるプラスチック

  1. ホーム
  2. 科学の進歩
  3. 安定した材質

安定した材質

凹凸のある素材板

シリコーンゴムは柔らかい素材でできています。建材や工業製品は形が変化しない固い素材がよく使われていますが、柔らかい素材を用いる場合はゴムやシリコンを使います。ゴムやシリコーンゴムは伸ばしても元の形に戻るというのが特徴で、性質も安定しています。扱いやすい素材なので、金属やプラスチックとともにいろんな場面で使われているのです。シリコーンゴムは年々進化しているので、今まで製造が不可能だったタイプの工業製品もシリコーンゴムを使うことで実現が可能になった事実もあります。医療にも食品関連にも、エレクトロニクス関連でも使われており、シリコーンゴムが使われていない場所はないといっても良いです。企業ではいろんな素材を扱っている場所がありますが、より品質の良いシリコーンゴムを活用するのであれば専門に製造している会社を選ぶのが得策です。

シリコーンゴムが活用されている場面は多岐に渡ります。まずは医療機器関連です。医療機器になぜシリコーンゴムが使われるのかというと、滅菌や殺菌作業に強いという性質をこの素材が持っているためです。どこに使われているかという一例ですが、歯科医療では空気を送り出す、または水分を吸い込むためのエアーチューブなどに使われています。特に医療関連では衛生面の確率が求められますので、通常のシリコーンゴムに加えて防カビ仕様を施したりといった工夫がなされています。その他にはPCでマイクロチップを作る際に使われたり、建材の断熱材に使われたりもしています。