需要が高まるアクリル板の魅力|利用率も年々上昇中

曲がるプラスチック

  1. ホーム
  2. 高耐久性で軽いアクリル板
  3. 冷やして鮮度保つ

冷やして鮮度保つ

布素材

保冷剤を使って製品の質を保つことが大事になってきます。医療現場でも実は保冷剤は多く使われていますが、これは臓器や血液などを安全に持ち運びできるようにするためです。血液や臓器などはもちろん、生鮮食品は生物で性質が温度によって変化しやすいという特質をもっています。食品を取り扱う企業や医療現場ではより温度変化に気をつけるべきなのです。温度変化を抑えるためには保冷剤を使うことができ、最近ではこの製品の精度も上がってきているので効率よく冷やすことができるようになっています。保冷剤には吸水ポリマーが使われており、簡単には溶けることがなく、温度変化もゆっくりになるように使われているのです。クーラーボックスなど断熱材が処理されているようなボックスに入れることで、より温度変化がしにくい状況をつくり上げることができます。

保冷剤としてドライアイスが使われてきましたが、ドライアイスよりも吸水ポリマーが使われている保冷剤の方が今はよく使われてきています。ドライアイスの原料は炭酸ガスとなっているので、これがむき出しになった食品と一緒に置かれていると食品はその成分を取り込んでしまいます。そうなると食品の味に影響をもたらしてしまいます。他の食材ならラップで包んで保護することができますが、ケーキのような表面のデコレーションを動かしたくない場合だとむき出しで保管しなければなりません。そのため保冷剤の仕様が適切なのです。ドライアイスよりも単価を安く済ませることができるのも魅力の一つです。