需要が高まるアクリル板の魅力|利用率も年々上昇中

手に持つガラス

  1. ホーム
  2. 科学の進歩

科学の進歩

鉄の素材

コストに応じて木型の材料を変える事が可能

木型はまだまだ色々なシーンで利用されています。木型の試作で最初に思いつくのが、アルミ鋳造などのマスター型です。この木型で砂型を作り、そこに溶けたアルミを流し込み、自然に冷却されて固まるので砂型を壊して取り出すという事をします。他にも商品のモックであったり、木製のおもちゃの試作などで利用されます。木材は柔らかくてもろいので高い加工技術が必要になります。よって、試作コストが高くなる傾向にあります。なので、木ではなく発砲スチロールなどの比較的に安価な材料であったり、金属、樹脂など他の材料でも試作する事は可能です。コストに応じて材料を選ぶ事が出来ます。そういう事が可能なのは、木型を試作出来るという高い技術があるから成し得る技とも言えます。

3Dデータから試作する事が可能

木型はその手の職人が手彫りで作っているというイメージがありますが、最近は3Dデータがあればそこから木型を試作する事が出来るようになっています。特に鋳造の砂型を作る場合は3Dデータから作った方が精度の高い型を作る事が出来ます。全て3Dデータから作った方が良いかというとそうでもなく、例えば商品のモックなどはデザイン性が問われるので、そういう時はアナログ的なやり方で仕上げていった方が良いという場合もあります。使用シーンに応じて加工方法を使い分けたり、もしくは異なる加工方法を組み合わせて最終イメージに近づけているというのが試作メーカーの技術やノウハウになっています。こういった提案が出来るのも、高い技術力があるからで出来るのです。

記事リスト

安定した材質

凹凸のある素材板

工業製品を安定的に生み出していくには原料を厳選する必要あります。シリコーンゴムはそんな安定した性質をもつ材質の一つであり、医療やエレクトロニクス関連で使われています。

安定した材質