需要が高まるアクリル板の魅力|利用率も年々上昇中

手に持つガラス

  1. ホーム
  2. 高耐久性で軽いアクリル板

高耐久性で軽いアクリル板

透明な素材

ガラスなどの素材は工業製品などによく利用されることが多いですが、重さがあって衝撃によって割れてしまうという難点があります。
そのため最近ではガラスの代わりにアクリル板を利用する企業が増えてきており、ガラスと変わらず透明であり強度もそれなりに高いアクリル板はさまざまな製品に活用されています。加工もガラスよりも手間が掛からず、簡単に自由自在に変形させることが可能なため、棚などの家具にも利用されることが多いです。透明で強度の高い素材を利用して製品を制作する際は、ガラスよりも耐久性が高くて加工もしやすいアクリル板を利用するようにしましょう。またアクリル板には耐候性の高さもあるため、屋外で利用しても安定した強度を保つことが可能となっています。公園の遊具などにも利用されたりすることもあり、季節変化による強度劣化にも対応できるため非常に便利です。製法を変えればさまざまなアクリル板を制作できるため、デザイン性も抜群な素材といえます。

アクリル板の特徴は加工も簡単で丈夫なだけですが、さまざまな材質を混ぜることで違った効果を持ったアクリル板を生成することも可能です。
紫外線カット効果を持ったアクリル板も開発することが可能であり、最近では建物の建設の際にガラスよりもアクリル板を利用することが増えてきています。ガラスなどを利用できない場合では紫外線カット効果を持ったアクリル板を利用し、安全性と機能性を両立できるようにしましょう。耐衝撃性に優れたアクリル板は動物園などの安全性が重視される施設でも活用されており、自動車などのさまざまな場所や製品に利用することができます。サイズも自由に変更できるため大きなアクリル板も制作でき、それぞれの製品に最適なサイズでアクリル板を作成することが可能となっています。板のように加工する以外にもパイプ状に加工もできるので、保管用のケースなどを設計する際にも多様されることがあります。

記事リスト

冷やして鮮度保つ

布素材

生鮮食品を安全に持ち運びするためには保冷剤の存在が必要不可欠です。ドライアイスよりも単価が安く、かつ味も落とさずに運搬できる便利な道具なので注目したい製品となっています。

冷やして鮮度保つ